ニキビ跡のケア方法

HOME

ニキビ跡を薄くするための方法


 ニキビが治っても、跡が残ってしまい悩んでいる方は少なくありません。
特にニキビが出来やすい敏感肌の人にとってニキビ跡は大きな悩みの種の一つかもしれません。
ニキビ跡はなかなか消えないということで知られていますが、正しい方法で治療をして、生活習慣を見直すことで薄くする方法があります。
そこでニキビ跡の種類別に薄くする方法を解説していきます。
まず赤みが残ってしまっている場合、肌に炎症が残っていると考えられますので、それを抑える効果のあるビタミンC配合の化粧水や美容液でスキンケアをすることで改善することが可能です。
特に肌への浸透が高いビタミンC誘導体が配合されていれば、その効果は大きくなります。
次に茶色いシミのような跡が残っている場合、上記のようにビタミンC配合のスキンケア商品の使用に加えてピーリング剤を利用することがおすすめです。
茶色いシミのような跡は、ニキビで出来た傷が日焼けなどによって色素沈着が起きている状態ですので放っておくとより色濃くなってしまう恐れがあります。早めの対処が肝心です。
最後に、最も悩む人が多いクレーター上にボコボコとしたニキビ跡ですが、これはセルフケアで改善することは難しいため、美容皮膚科でピーリングやレーザー治療を受けたほうがよいでしょう。
以前に比べると、今は様々な治療法があるため、必ず改善することが出来るはずです。
 

ニキビ跡を改善する効果がある錠剤

ニキビ跡を改善する効果のある錠剤は、肌に対して有効な成分が含まれている物です。そのためには肌の新陳代謝を促進したり、肌の環境を整えてくれる成分が含まれている必要があります。また腸内環境を整える必要もあり、健康的な体を維持することも大切なのです。

ニキビ跡を消すために必要な成分は、アミノ酸です。アミノ酸は体にとって必要な成分です。
アミノ酸が不足してしまうと、肌の新陳代謝が上手く行われなくなるだけではなく、体調不良や疲れやすくなったりなどの症状があらわれてしまうのです。これはアミノ酸は体の細胞の原料であるために、不足してしまうと様々な臓器に悪影響を与えてしまうことになるのです。なので肌の為にも、また健康の為にもアミノ酸を摂取することが必要になるのです。

次に大切なことは、ビタミンが含まれている物です。特に必要な成分はビタミンCです。ビタミンCには肌の炎症を抑えてくれる働きと、皮膚を保護してくれる働きがあります。そのためビタミンCを積極的に摂取する必要があるのです。またビタミンCは水溶性のビタミンであるために、長時間体内に滞在することが出来ません。なので錠剤により積極的に摂取する必要があるのです。
 

ニキビ跡を除去するために必要なクリーム

ニキビ跡を除去する方法としては、ニキビのあった場所を清潔な状態にし、十分に保湿を行ってから、クリームやローションなどの外用薬を塗るのが一般的です。では、ニキビ跡を消すために必要なクリームにはどのようなものがあるでしょうか。

ニキビ跡をケアする効果のあるクリームとしてまず挙げられるのは、ハイドロキノンと呼ばれる成分が配合された製品です。ハイドロキノンには、メラニン色素の生成に関与するチロシナーゼと呼ばれる酵素の働きを抑制する作用や、メラニン色素を生成するメラノサイトと呼ばれる細胞の数を減らす作用により、メラニン色素の生成数そのものを減らす効果があります。
ただし、ハイドロキノンは皮膚の内部に浸透しにくい成分であるため、浸透しやすくなるように、トレチノインなどのピーリング効果や新陳代謝の効果がある塗り薬と併用されることがあります。

この他にニキビ跡のケアに効果のあるものとして挙げられるのは、成長因子と呼ばれる、特定の細胞の増殖や分化を促すタンパク質が含まれている製品です。成長因子には様々な種類がありますが、その中で上皮細胞増殖因子(EGF)やケラチン細胞増殖因子(KGF)などが肌の成長と関係があり、これらを有効成分として含む化粧品を選ぶことでニキビ跡が徐々に改善されていきます。

更に詳しい対処法はこちら

→    ニキビ跡の対処法

 

PAGE TOP